成功する起業家が週3回以上メルマガを配信する本当の理由

こんにちは^^

===================

 

愛と調和、世界の平和と希望のために、

パーソナルコーチ・コンサルタント
市田直也 です。

今日もお読みいただき
ありがとうございます^^

リザストメーラーアプリで
読んでいる皆さまからの
いいね^^の連打も
とても嬉しいです。

いつも感謝しています。

—————————————–
メルマガアプリのインストールはこちらから
https://smart.reservestock.jp/menu/application_install_page
——————————————

—————————————–
メルマガのご紹介・登録はこちらから
https://www.reservestock.jp/subscribe/84646
——————————————

 

このメールレターでは

もっと自分らしく輝きたい
自分の魅力や才能を発揮したい全ての魂に

心の底から喜びを感じ、生きていくための

成功法をお伝えしています。

今日も心より感謝を込めて

読者の皆さまのエネルギーを高めるように
お届けしますね^^

 

===================

(明日10時締切です)

 8/11学びの効果を10倍以上に加速する、在り方・学び方(zoom)

起業塾や、各種セッションなど学びを加速する在り方・学び方が学べます

 

 

今日は

「成功する起業家が週3回以上メルマガを配信する本当の理由」

というテーマでお届けします。

 

僕のメルマガを読んでくださっている読者の方は、

なぜ、メルマガを発行するのか、

一体どれくらいの頻度で送ったほうがいいのか。

 

ということを一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

 

このメルマガを読んでくださっている方の中には、

ご自身でメルマガを発行されている方がいらっしゃると思います。

 

メルマガは「良い」というけれど、

何が良いのか。

 

どれだけのクオリティで書けばいいのか。

頻度は?

 

本当のことを教えてくれる人はほとんどいません。

 

 

実際に読者の方のお名前と、人を思い浮かべながら、

日々実践している身として、

シェアをしたいと思います。

 

メルマガを書く目的は大きくわけて3つです。

 

 

・読者の方の自己肯定感(セルフイメージ)を高める存在であること

・読者の方との信頼を築き、興味をもっていただくこと

・相手から望まれてサービスを買っていただくこと

 

僕はこの3点を意識しています。

 

 

そして、頻度については最低週3〜4回、できれば毎日が望ましい。

というのが答えです。

 

 

なぜ、週3回以上なのか。

 

メルマガは書く人によって、開封率が大きく違いますが、

僕の場合はおおむね33%ぐらいが平均です。

良くて37%ぐらい。

 

 

つまり1回のメルマガ配信で読んでくださる方は、

全体の約3割ということです。

 

その中でも毎日のように読んでくださる方もいれば、

週1回の人もいますし、

月1回の人もいる。

 

さまざまな頻度で読んでいる人がいるけれど、

全体としては、開封率は3割。

 

ということは、3回配信して、やっと1回読んでもらえる可能性がある。

ということです。

 

3回配信して、1回です。

 

もし、これが、1週間に1回しかメールを配信しなければ、

3週間に1回しか読まれない計算になります。

 

 

それでは、先に挙げた

 

・読者の方の自己肯定感(セルフイメージ)を高める存在であること

・読者の方との信頼構築、興味をもっていただくこと

・相手から望まれてサービスを買っていただくこと

 

この目的を達成することはむずかしいです。

 

 

少なくとも週に1回はメールを見てくださる。

僕はそれくらいの距離感が

地道ですが、関係構築には必要だと考えています。

 

このメールを読んでくださっている

あなたは、どう感じますか?

 

よかったらご感想おしえてくださいね。

 

 

★今日の一曲

『Heal The World』/ Michael Jackson

https://youtu.be/BWf-eARnf6U

 

 

関連記事

自分を肯定し続けることで、自分を信じられるようになる

【お客様の声】佐原和真 様 UNITED STYLE代表 ランニングヘルスサポー...

【お客様の声】外資系生保プランナー O様 20代女性

すべてはフォーカス次第

真の信頼とライフタイムバリュー(LTV)を上げる方法

コーチ・コンサルタントのためのYoutube・動画活用法