顧客は常に良い店を探している

こんにちは。

パーソナルコーチ・コンサルタント
市田直也 です。

今日もお読みいただき
ありがとうございます^^

——————————————

—————————————–
メルマガのご紹介・登録はこちらから
https://www.reservestock.jp/subscribe/93204
——————————————

 

このメールレターでは

自分らしく輝きたい、
自分の魅力や才能を発揮したい全ての方に

心の底から喜びを感じ生きていくための

成功法をお伝えしています。

今日も心より感謝を込めて

読者の皆さまのエネルギーが高まるように
お届けします^^

===================

 

今日は「顧客は良い店を探している」という

テーマでお届けします。

 

最近のことなのですが、

季節の変わり目ということもあり、

洋服を一新しました。

 

ビジネス・人生のステージが上がってきていることを

日々感じ、身に纏うものも

バージョンアップしたいな、と

思っていたところに、良いお店に出会いました。

 

なんと言っても気遣いが良いのです。

 

「あ、これいいな」と思った

ちょうどいいタイミングで、

 

「よろしければ、羽織ってみてください」

と一声かけてくれる。

 

「気になるようでしたら、ご試着もできますので、お声がけください」

と絶妙な間合いで伝えてくれる。

 

僕は、こういう日常に、ビジネスや人生のヒントはあると

思っています。

 

僕はこのお店で、洋服を買っているようで、

サービスを買っています。

 

商品の品質が良いことはもちろんですが、

そのブランドに見合ったサービスをしてくれる。

 

そこに価値を見出しています。

 

結局、最初の買い物から1週間ほどで、

リピートしに行きました。

 

最初に買ったパンツの履き心地が良くて、

同じものが欲しい。と思ったからです。

 

そう思えたのは、初回の来店時に

よいサービスが受けられたからです。

 

どのサイズが良いか、迷っている時に、

親身に見てくださった店員さんがいたからこそ、

よい商品を選ぶことができました。

 

その結果、満足を得て、

また購入したい。と思ったのです。

 

 

ビジネスの本質はシンプルです。

 

「顧客が喜ぶことをする」

 

 

ここを外さなければ、

うまくいきます。

 

 

そして、

 

顧客は、常に良い商品・サービスを提供する

お店を求めています。

その存在を認めるかどうかが鍵です。

 

 

 

 

ぜひ、ご自身のビジネスに置き換えて

考えてみてくださいね。

 

 

 

それでは、また。

 

 

PS.個人起業家が、年商1000万円を超えるための

エッセンスを有料メルマガでお伝えしています。

【年商1000万円への道】

https://www.reservestock.jp/conclusions/1345

 

ご興味のある方はチェックしてみてください。

 

無料診断はこちら↓

関連記事

集めようとしない【集客のコツ】

時間の使い方 (一人の時に何をする?)

NO IMAGE

「やる」と決断すると人生を変えることができる

当たり障りのないことを書いて好かれるより、本音を書いて愛される

商品は、販売するからこそ、売れるという話

LTV(ライフタイムバリュー)の最大化