コーチ・コンサルタントを選ぶ基準

市田直也です。

21183_prof_new

 

今日は、コーチ・コンサルタントを選ぶ基準について

シェアをしたいと思います。

 

世の中、たくさんのコーチや

コンサルタントがいますが、

その中から「誰を選ぶのか。」は

非常に重要です。

 

共に同じ方向を見て、伴走していく

パートナーシップを組んでいくわけですから、

当然ですよね。

 

先日、ご質問をメールでいただきましたので、

シェアさせていただきます。

Sさま、ご感想・ご質問ありがとうございます。

 

==============

Q.市田さんの本質
ぶれない目指すところがありますよね
ぶれないから自分を信じられるのか
信じると決めて信じると、ぶれなくなるのか
自然にそうなったのか
どうなのでしょうか。


A.自分を信じる。自分を生きると決めていきているから
ぶれなくなるのだと思います。

もちろん、生きていれば迷いや、
ぶれそうになる時もありますが、

自分が生きている目的(ミッション)、
その使命を生きた先に広がる世界(ビジョン)

に基づいた生き方は何だろう?

と問を立てると、損得なしの決断ができます。

自然にそうなったのではなく、
人生を変えるタイミングがあり、
そこから変わっていきました。

僕の場合、2016年の12月17日がターニングポイントです。

=================

Q.それと、
コンサルタントを選ぶって
何が決め手になるのでしょう?
仕事柄、そういう人に会う機会は少ないのですが、
まだ片手ほどしか知りませんが、
それぞれ売りがあるのですよね?
A.まず、コーチやコンサルタントを選ぶ基準ですが、
自分と、相手の価値観が近いかどうか
共感できるかが大きなポイントになると思います。
対人援助のビジネスはクライアントと
数ヶ月伴走していきますので、
お互いが人間として尊重できることがとても大切です。
シンプルに人間として好きかどうか、はとても重要です。
あとは、自分がこれから得たい未来を
すでに得ているかどうか。もポイントです。
自分の仕事で、お客様の役に立って、お金をいただける
自分になる。などの目標はわかりやすいですね。
==================
Q.市田さんが来て欲しい相手とかっているのですか?
人との繋がりをどのように決めているのか知りたいです。
A.僕は、自分の人生を、本音に正直に生きる人と

お付き合いしていきたいと思っています。

心の中に、本当はこうしたい。あんなことがやってみたい。

こんな人生を送ってみたい。と思いながら、

蓋をする人生はとてもつらい。と経験しましたので、

 

自分を大切にする人、大切にしたい人とお付き合いしていきたいです。

 

あとは、抽象的ですが、エネルギーも大事です。

例えば、このようにメールや言葉のやり取りをしたときの感じや、

生命力のようなものです。

 

具体的なところで言えば、

自分の才能や魅力を形にして、人の役に立っていきたい、
起業家や、経営者。そのような人を目指す人。といったところです。

 

いかがでしたでしょうか。
何か参考になれば幸いです。
これから自分がしたいこと、
今、やるべきことをを絞っていきたいという方の

お役立てますし、

サポートさせていただくと、

これから本当にやりたいこと、
その先の未来、そのために今からやること。

が明確になり、決断状態になります。
ご縁のある方と、

共に未来を作っていければ幸いです。

それでは、また。

内容が良ければこのメルマガをご紹介お願いいたしますhttps://resast.jp/subscribe/93204

 

関連記事

セールスに本当に必要なのは卓越したヒアリング力

リアルのつながりを大事にする理由

本当のゴールは想像を超えたところにある

方向性が定まれば、成果は自然に出るようになる

その行動は愛にもとづいているか?

心からの喜びを感じながら毎日を過ごす方法