Facebook集客がもはや終わりに近づいている件について

こんにちは、市田直也です。

21183_prof_new

 

 

今日は、「Facebook集客がもはや終わりに近づいている件について」

シェアします。

 

タイトルで、ざわつく人は最後まで見るか、

全く見ないか選んでくださいね。

 

 

最近ですが、もはやFacebook集客

(毎日投稿して、自分をブランディングして、
リストを取り、集客する方法)

は終焉に近づいている、もしくは

終わっているな。

 

と感じています。

 

僕のメルマガを読んでくださっている人は

正直勘のよい、素晴らしい方ばかりなので

同じように感じている方も多いと思います。

 

本質的には、Facebookがどうこう、

というよりは、

 

 

「自分の部分を切り取ってブランディングをする」

 

という方法が時代に合っていないのだと思います。

 

「クライアントさんがこんな成果がでました」

「こんな感動があった」

「こんな未来が得られます」

 

確かに、マーケティング・セールス的に言えば、

これらの要素は基本であり、必須事項なのですが、

プライベートな交流の場である、

ソーシャルメディアには合っていないのだと思います。

 

その証拠に、Facebookを中心とする

ソーシャルメディアでは、

アカウントがアクティブで

他者との交流がないと

全然表示されません。

 

 

もう、はっきり言ってめちゃくちゃです。

自分の綺麗な部分を加工して、

見やすく、美しく見せて、

リーチが多くなるために

いいね周りをして、コメント返しをして

エッジランクを上げる。

 

外部リンクは、リーチが下がるから、

コメント欄に。とか

「なんでやねん」

って思いませんか。

 

僕はなんでやねん。って思ってます(関東出身だけど)

 

 

素晴らしい素質や才能は、

ただ発揮すれば影響力を持つものです。

 

 

僕はその現場を何度も見てきました。

 

人の才能や魅力は部分では計り知れないものがあります。

 

人はその総体(全体)を現した時、

最大のエネルギー・影響を発揮します。

 

 

それは、どうやってわかるか。

というと、

 

実際に対面して会うことです。

 

人と人が実際に会うと、

お互いにエネルギーを感じます。

 

どんな才能があるのか。

素晴らしさがあるのか。

 

言葉にではできなくても、

感じることができます。

 

 

そこで、生まれた関係性を

育んでいくのが、ツール(道具)

だと僕は考えています。

 

そして、その道具も

適切なものを選ぶ必要があります。

 

大人数で美味しいカレーを食べたいのに、

浅いフライパンを使ってたら、

料理しずらくてしょうがないですよね笑

 

 

でも、ビジネスだと平気で

そういうことが起こっています

(しかも本人は無自覚)

 

こういうことは、

見えている人、分かっている人が

しっかり発信していく必要があると

僕は思っています。

 

 

そんな今だからこそ、

人とのご縁を育むメールマガジン、

特にリザーブストックをおすすめします。

(リザストにご興味のある方はこちら

僕はリザーブストックに出会って、

人との関係性も大きく変わりました。

 

どうやったら、この関係を発展させられるか。

お互いがWin-Winになるか。

 

そこを見据えた発信ができるようになり、

クライアントの方との関係も深まるようになりました。

 

人間の本質を踏まえた、マーケティングや

導線づくり、関係構築、対面の信頼構築まで

超強力にフルサポートできますので、

 

そういったことにご関心のある方は、

お声がけくださいね。

 

同じ理念や共感できる思いをもとに

伴奏できるミッションリーダーを増やしていきたいと

思います。

 

 

それでは、またメールします。

 

内容が良ければこのメルマガをご紹介お願いいたします

https://resast.jp/subscribe/93204

関連記事

プロ仕様のサービスを使う本当の意味

名前のないもの、形のないものを届ける方法

後悔しない人生とは?

パートナーセッションについて

時間の大切さについて-TIME IS PRECIOUS-

コーチ・コンサルタントを選ぶ基準