自動販売システムを構築する

こんにちは、市田直也です。

今日は、「自動販売システムを構築する」というテーマで

お届けします。

自動販売、という単語を聞かれてどう感じますか?

素晴らしい!と感じる方もいれば、

なんとなく抵抗感を感じる方もいるかもしれません。

抵抗を感じる場合は、自動販売機を想像してみると、

そんなに悪いものではないと思うのではないでしょうか。

むしろ、場面によっては、顧客にとっても

素晴らしいものになります。

例えば、旅行中に土地勘のない場所で

「水が飲みたいな〜」と思っている時に、

周囲にコンビニやスーパーがない時、

目の前に自動販売機があったら、どう感じますか?

きっと、ありがたい。と思うのではないでしょうか。

そして、目の前の自動販売機で水を購入すると思います。

この時、実際に起きていることは、

顧客の需要に対して、

提供者の供給がマッチしているということです。

シンプルですが、顧客の需要がそこにある時、

商品を提供することができれば、

購買活動が起こり、売上が立つ。という仕組みになっています。

起業家や、コーチ・コンサルタント、

ビジネスで成功しようとした時、

自動化、販売の仕組み化は避けては通れないステップです。

段階でいうと、ステップ2です。

ステップの1は、直接興味のある方に

商品・サービスを買っていただく段階です。

ここは、直接会って興味を持ってくださった方に

体験を打診したり、本命商品を買っていただく、

口コミで広げていくところまでを含みます。

多くの場合、このステップ1も労力を要することになりますが、

ある程度商品・サービスを購入者が増えてきた段階で

次のステップを視野に入れる必要があります。

30万円以上の商品であれば、顧客数 10人以上、

3〜5万円程度の商品であれば、顧客数 50人以上ぐらいが目安です。

ここまで来ている方はそれだけで素晴らしいですが、

仕組み化や、商品・サービスの自動販売を視野に入れることで

集客〜販売までの流れが飛躍的にスムーズになります。


具体的に何をすればよいのか、ということですが、

答えは「ステップメールの構築」です。

ただのステップメールではありません。

「圧倒的な在庫のあるステップメール」です。


一般的なステップメールは、

通常10〜20通ぐらいが多いと思います。

プロモーションや、企画の度に、告知をしているものですね。

これはある程度効果があるのですが、

正直、10通程度のメールで、強烈なニーズ喚起をするのは、

難易度が高いです。

多くの人が、ステップメールに挫折してしまうのは、

あまりにも高度なことをやろうとしていること原因があります。

少しずつ、少しずつでいいので、

興味を持っていただき、信頼を積み重ね、

必要なタイミングで商品・サービスを手にとっていただく。

この基本ができるかどうかで

商品の購買率は変わってきます。

では、どうすればいいのか。

僕の答えは、「100通のステップメールを構築すること」です。

「え、、100通?」と思われたかもしれません。

しかし、意外と実際に読まれる数は少ないのです。

内容のしっかりしたメルマガでも、30〜35%読まれれば良い方です。

そうすると、100通メルマガを送ったとしても、

平均すると読まれるのは、30通程度ということです。

意外と少ないと思われたのではないでしょうか。

そうなんです。

意外と、読者はそこまで強い関心を持って

情報を受け取っているわけではないのです。

多くのメルマガ読者は「なんとなく」メルマガに登録し、

「なんとなく」タイトルを見て、

開封するかどうか、読み進めるかどうかを決めています。

直接の知り合いや、関係が深い場合は少し変わってきますが、

8割の方は「なんとなく」読んでいると思っていた方が良いです。

そして、自分の価値観や考え方に合っているかどうか、

役に立つかどうかで、選別をし、

購読し続けるかどうかを決めています。

しかし、裏を返せば、「なんとなくでも読んでもらえる」

ということです。


ここにチャンスがあります。

人は行動する時、自分の信念や、

行動習慣に従って、一貫した行動をとるようになっています。

つまり、一度気に入ったメルマガは読み続けますし、

一度何か商品・サービスを購入した方は

別の商品を購入する確率も高いのです。

ですから、100通のステップメールの中に、

体験セッションや、安価なサービス、

中くらいの価格帯、プレミアム商品など

いくつかの商品を段階を分けて

定期的にオファーをしていくと良いです。

イメージとしては、

週に3回メルマガを配信し、(1週間に1度は確実に読んでもらう)

月に1回は、商品・サービスのオファーをする。というサイクルです。

ペースでいうと、月10〜12回のメルマガを配信し、

その内3通は、商品のオファーをするイメージです。

毎回、毎回同じ商品のオファーでは

読者も飽きてしまいます。

同じ商品をオファーするのは、

3ヶ月までが目安です。

その後は、1ヶ月オファーをしない月を入れたり、

別商品をオファーしたり、

また元の商品を提示したりします。

このようにして、価値提供と

商品のオファーを繰り返していくことが、

売上を安定させる肝になります。

そして、100通のステップメールの作成方法ですが、

いきなり、作り込むのは大変だと思います。

なので、普通に日刊のメールマガジンを

習慣として配信し、

溜まってきたバックナンバーをステップメール化する方法が

おすすめです。

この方法は、リザーブストックの開発者、相馬さんから

教わった方法ですが、驚くほど簡単で、

しかも効果があります。

おおよそ、20通〜30通ほどメールを開封した方は、

何かしらのアクションを起こしてくださるようになります。

LINE@に登録してくださったり、

感想を送ってくださったり、

体験セッション・継続セッションにお申込みしてくださるようになります。


このように、商品の購買や、積極的に関わってくださる

ファンが増えてきたらどうでしょうか。

心はもちろん、経済的にも満たされた状況が出来上がっていきます。


そうすると、事業はもちろん、ライフワークにも安心して取り組める環境が整っていきます。

少し、時間はかかりますが、取り組む価値は十分にあります。

ぜひ、試してみてください。

それでは、また。


PS.今日の記事がよかった!役に立った人は「いいね!」
シェアをよろしくおねがいします。

また、お気に入り登録していただけたら嬉しいです。


「こんな記事があるよ~」と、
ご友人にシェアしていただけたら、完璧です^^


内容が良ければメルマガをご紹介お願いいたします

https://resast.jp/subscribe/93204

関連記事

目標達成コーチングこそ、ちゃんとやればご契約いただけるという話

リアルのコミュニケーションがうまくいけば、人間関係・ビジネスが発展する

プロフェッショナルであること

コーチ・コンサルタント・起業家がすぐ使える9つのセールススステップ

コーチ・コンサルタントがメルマガを始めるならリザーブストックが一番だと思う理由

この時代に成功する可能性