価格を上げたら嫌われる?問題について

こんにちは。

市田直也です。

今日は、商品やサービスの価格について

お伝えしたいと思います。

よくあるご相談で、

「商品やサービスの価格を上げるとクライアントが離れるのではないか?」

というテーマがあります。

これは、半分あたっていて、半分外れています。

そもそも、どんな商品でも

安価なものから、超高価なものまで

需要はあります。

住宅でも地方に行けば、

月1万円で住めるようなところもあれば、

都心で月100万円の家賃が必要な

超高級マンションまであります。

不動産だけではなく、

食品、衣類、バッグ、

エステ、化粧品にいたるまで、

超安価な商品から、

プレミアム商品まで、ニーズは存在します。


問題は、あなた自身が

「誰のどんなニーズに応えるのか」

ということです。

あなたの商品・サービスが、

どれだけの価値提供をするのか。

と言ってもいいです。


よくある誤解に、

売上アップの支援や、

ビジネスコンサルティングでないと、

高単価化、つまりプレミアム商品は作れないのでは、

というものがあるのですが、そんなことはありません。


質が高く、サポートの厚い商品やサービスを

求めている顧客層(年収600〜1000万円以上)

をメインの顧客としていてくことで、

1セッション5〜10万円、

長期のサポートなら、50〜100万円程度の

商品を構築・販売することが可能になります。



ここまでの年収でなくても、

プレミアム商品を提供する方法もありますが、

話がわかりにくくなるので、

あらためてシェアします。

こうした、良質なサービスを求めている層の心理は、

「多少高いお金を払っても良いサービスを受けたい」

反対に言えば、

「安くても質の悪いサービスは受けたくない」

「期待を下回るサービスにはお金を使いたくない」

という価値観です。


こうした価値観を持つ層は、

体感的に、価格によって、商品やサービスの質が

ある程度担保されることを知っています。


そのため、本当に自分に必要なものを選ぶときは、

選択の基準からして、

高価格帯の商品を選ぶ傾向があります。

つまり、高単価のプレミアム商品は、

世の中にとって、必要である。

ということです。



値上げをするのではなく、

良質なサービスをその顧客にふさわしい価格で

提案する。と考えると自然と提案しやすくなると思います。


また、相手がどれだけ払えるか、ということを

気にすることがあるかもしれませんが、

あくまでそれは顧客側の選択です。

私たちができることは、

自らがどんなブランドを構築し、

誰とどんな関係を築いていきたいかを真剣に考え、

そのコンセプトを守り続けることです。


そして、その伝統を守り、革新し続ける

ブランドを老舗と呼びます。

今が、どんなステージであっても、

100年・200年と続く老舗を目指して

進むことをおすすめします。


参考になるのは、三越や伊勢丹など、

長年愛されている老舗です。

きっと、その方がクライアントも、

提供者自身も幸せになれると思います。


顧客も、提供者も本当に幸せな商売とは何だろう?と

ぜひじっくり考えてみてください。

PS.今日の記事がよかった!役に立った人は「いいね!」
シェアをよろしくおねがいします。

また、お気に入り登録していただけたら嬉しいです。


「こんな記事があるよ~」と、
ご友人にシェアしていただけたら、完璧です^^


内容が良ければメルマガをご紹介お願いいたします

https://resast.jp/subscribe/93204


関連記事

大好きなことを成功するまで続けること

世界に与える影響を考える

心のブレーキはずしと大量行動の関係

私がセールスを手放した理由 

ドリームキラーを吹っ飛ばせ!

メルマガは愛を伝えるお便りだ