人は人生を変えたい時にお金を払う

こんにちは。

市田直也です。

今日は、「人は人生を変えたい時にお金を払う」

というテーマでお届けします。

vol.6では、高単価な商品・サービスが

どんな人に売れやすいのか。

というテーマで、

主にマーケティングの観点から解説しました。


基本的には、高価格帯のプレミアム商品を

求めている層(年収600〜1000万円以上)

をのニーズと、自分の提供している

商品・サービスのベネフィットをあわせていけば

良いのですが、

そもそも、顧客の年収が高くないといけないのか。

というとそういうわけでもない。

ということを知っておく必要があります。


たとえば、年収が300万円だとしても、

コツコツ貯蓄をして、300万円貯蓄がある人に

とっては、50〜100万円の商品・サービスを買うことは

物理的には可能です。


それどころか、最大300万円の商品を買うことさえ可能です。

実際、そのようにして車を購入したり、

家の頭金などにするケースはよくあります。


逆に年収1000万円でも、

お金を使いすぎて、

手元にお金がなければ、何も買うことはできません。


こうしてみると、

年収の高い低いは、

本質的な問題ではない。ということが

わかると思います。


では、何が人を動かすのか。

といえば、

「自分を変えたい」

「よりよい自分に成長したい」

という欲求です。


この欲求が強烈であればあるほど、

人は行動をしたがる傾向にあります。

つまり、あなたの商品・サービスが

顧客の人生をより良い人生に導き、

成長を促すものであるのならば、

年収の大小に関わらず、

売れる可能性がある。


ということです。

そして、相手の経済事情は、

こちら側にはわからないのですから、

必要なサービスをオファーをする

行動を続けていれば、必要な方には売れていきます。


実際に僕自身も、商品・サービスを

提供する上で、基本的にはプレミアム商品を

買ってもらいやすい顧客を想定していますが、

年収の高い方にも、その時点ではチャレンジな方にも

ご契約いただくことがあります。


大事なことは、

必要な方に必ず届けるんだ、

という信念だと僕は考えています。

そのようにして、サービス提供をしていると

必ず自分自身が成長していきます。


それは、人間的な成長もあれば、

経済面での豊かさの場合もあります。

そうして、自分が成長をしていくと、

関わる人も変わっていきます。


自然と、人間的な魅力にあふれ、

経済的にも豊かな人が

周りに増えてきます。

こうなってくると、お金が理由で

契約できないということはなくなってきます。


あなたの商品・サービスは、

目の前の方の人生にとって、

どんな価値をもたらすのか。

その人の人生はどのように変わっていくのか。

ぜひ、紙に書き出して考えてみてください。

それでは、また。

PS.今日の記事がよかった!役に立った人は「いいね!」
シェアをよろしくおねがいします。

また、お気に入り登録していただけたら嬉しいです。


「こんな記事があるよ~」と、
ご友人にシェアしていただけたら、完璧です^^


内容が良ければメルマガをご紹介お願いいたします

https://resast.jp/subscribe/93204



関連記事

売上がすべてじゃない、とか逃げてはいけない

何でも好きなことをやってみたら良いんです

実績がないのに、広告費をかけても人が集まらない理由

メルマガは書くことで上達する

パーソナリティー(個性)を見極めること

フルコミッションのセールスパーソンが成果を出す方法