価格は実感値の1.2倍がおすすめ

こんにちは。

市田直也です。

今日は、商品の価格設定について

シェアをします。


コーチング・カウンセリング・コンサルティング

その他の対人援助ビジネスを行う場合、

価格設定は非常に大切になります。

正直なところ、天井はないですし、

その人の実績やブランドによって

大きく価格が変わってくるのが実情です。


ですから、1セッション1万円の人もいれば、

数十万円〜数百万円なんてこともあります。

では、自分ごととして捉えた時、

どうすればよいのか。

ということですが、


僕のおすすめは、

「実感値の1.2倍の価格提示をする」ことをおすすめします。

今、この商品を提示するなら、

◯万円くらいだな。

と自分で実感する価格の1.2倍の価格提示をする。

ということです。


例えば、長期セッションで50万円の価値があるな、

と感じている商品でしたら、

60万円で提示する。

20万円の価値を感じる商品なら、

24万円で提示する。という具合です。



もしかしたら、抵抗感を感じられる方も

いらっしゃるかもしれませんが、

多くの方が、自分の価値を低く見積もっているケースが

多いです。

これは、自己肯定感、セルフイメージと

密接な関係があります。


間違っても、自分が感じている価値より

安売りをしてはいけません。

クライアントや、ファンの方に

価値が正しく伝わらないですし、

提供者の枠も広がっていきません。


これは、お金を受け取る許可をする

訓練でもあります。

信念(ビリーフ)の書き換えや、

癒やしも効果がありますが、

実体験として、少しずつ

実際にお金を受け取る経験をすることが、

最も、自分に許可を出せる方法だと確信しています。


頭では分かっているのだけれど、

意外と、自分で自分の上限を狭めているケースは

多く見られます。

クライアントも、提供者も

共に発展していくことを目指すのでしたら、

まず自分自身が枠を拡げていくこと。

可能性を許容していくことが大切です。


実際に、少しキャパを超えた仕事を受けることで

そのエネルギーに見合った労力を注げるようになります。

そして、また今の金額が普通に感じられるように

なってきたら、また1.2倍の価格提示をしていけば良いです。


その繰り返しで、いつの間にか

単価も、クライアントに提供できる価値も

あなた自身の実力も高まっていくでしょう。

ぜひ、意識してみてください。

それでは、また。

関連記事

自動販売システムを構築する

セールスとは相手を理解し、必要なものを提供し、行動の後押しをすること

じぶんの人生に投資できる人は輝いている

メルマガは愛を伝えるお便りだ

名前のないもの、形のないものを届ける方法

大好きなことを成功するまで続けること