売掛金を作らないこと

市田直也です。

21183_prof_new

今日は、「売掛金を作らないこと」

についてシェアをしたいと思います。

ビジネスを行う上で、

大切なことの一つに

キャッシュ・フローを適切に管理できること。

が上げられます。

正直、お金についての

適切な考え方や、取り扱いがわかっていないと

なかなか事業の発展は望めないですし、

たとえ売上が上がったとしても

生活は苦しいまま。ということが

予想されます。

今回のテーマは僕自身が

起業初期に陥った失敗をもとに

どうすれば適切な状態を保ちながら、

安定的に経営をできるのか。

をシェアしたいと思います。

では、本題の「売掛金をつくらないこと」

なのですが、

シンプルに言えば、

契約したお金は

一括でいただきましょう。

ということです。


たとえ、金額が50万円にしても

100万円にしても同じです。

「こんなに高額だから、分割も仕方ない」

という信念は、

そのままそういう顧客を集めてしまいます。


自社に来てくださるお客様は、

豊かで、愛に溢れて、喜んで

お金を渡してくださる。

ぜひ、そういう信念を持ちましょう。


僕はここに気づくまで、

契約金額を分割で受け取ることを

自ら選んでいましたが、

今は、もうすっかりやめました。


まず、お相手が豊かな人である。

ということを信じるようになりましたし、

喜んでお金を払っていただける。

と思えるようになってから、

ほぼ100%一括で受け取れるようになりました。


実際のところは、

信念が完全に書き換わるためには

体験が必要です。


新しい考え方を採用し、

実際に、その現実が現れる。

ということを繰り返すことによって、

その考えを信じることができるようになります。


現実的に、相手に選択ができるよう

Paypalのビジネスアカウントを作成しておくなど、

できることはしておきましょう。


最初から、分割もできますよ。

と提示するのは、キャッシュに余裕のある方向けです。

1000万円までは、

信念の書き換えと、実際に受け取る経験。

そして、多段階の商品構成(クライアントのステージによって選べる商品を用意しておくこと)

が鍵です。

一歩ずつ着実にやっていきましょう。

関連記事

真の信頼とライフタイムバリュー(LTV)を上げる方法

第二ステージ(ミッション・ビジョンを持つ生き方)

マーケティング(市場)の探求

決断とは、「未来を今決めること」

正解はない。

本当のゴールは想像を超えたところにある