情報発信は世界へと通ずる

 

今日のテーマは、「情報発信は世界へと通ずる」

 

このテーマを書こうと思ったきっかけは、

昨日参加した、日比谷音楽祭からインスピレーションを受けたからです。

 

 

日比谷音楽祭ホームページ

https://hibiyamusicfes.jp/

 

 

「フリーで誰もが参加できる、ボーダレスな音楽祭」

 

たまたま、昨日この音楽祭を知って、

当日券を申し込んだところ、

音楽祭2日目の夜のステージに当選し、参加することにしました。

 

 

 

日比谷公園大音楽堂は、なにかと縁があり、

過去に何度かフリーのライブを見ています。

 

東京スカパラダイスオーケストラ、

Salyu、(敬称略)などの演奏を聴いたことがあります。

 

いつも天気に恵まれ、

とても気持ちいいステージを見ることができています。

 

 

今回、ステージで亀田誠治さんがおっしゃっていた、

「フリーは、無料という意味と、自由という2つの意味がある」

という言葉の通りの素敵なステージでした。

 

 

日比谷公園では、各音楽メーカーが気軽に楽器を楽しめるようブースを

出していたり、子供から大人まで楽しめる工夫がされていました。

 

僕も、少しだけ、YAMAHAさんのブースで

ドラムを叩かせていただきました。

 

世代を超えて、音楽を自由に楽しめる空間がそこにはあって、

「みんなで楽しもうよ」

という、自由な空気がとても素敵でした。

 

 

僕の目当ては、以前記事にも書いた

若干9歳のスーパードラマー

よよかちゃんのドラムを生で観るためでした。

 

今日のテーマは「モデリング対象について」 何か物事を達成する時、 自分に合った適切なモデリング対象(模倣対象) を見つ...

 

 

彼女の素晴らしいところは、

自分の才能を余すところなく、発信していて、

世界中にファンがいることです。

 

自分の才能を世界に発信することで、

本当に世界一のドラマーへの道を歩んでいます。

 

 

今回の音楽祭で痛感しましたが、

YouTubeやブログ、SNSは確実に

世界とつながっている。

 

才能を現すことさえできれば、

即オンステージ、ということも実現する。

 

ということが実感として感じられました。

 

 

YouTubeが日比谷音楽祭につながっているなんて、

信じられますか?

 

一昔前だったら、考えられなかったこと。

いくら実力があったとしても、知られなければ

舞台は遠かった。

 

それが、今は知ってもらうことができて、

自らの才能が世の中に受け入れられれば、

直、オンステージ。

 

 

 

 

そういう世界です。

 

このメルマガをお読み頂いている方は、

表現することにご感心のある方が多いと思います。

 

 

どんな形でもいいです。

自分の才能の種を、広げていきましょう。

 

最初は、上手くなくてもいい。

完璧じゃなくてもいい。

 

誰かに届くその日まで、

発信しつづけましょう。

 

そして、共に咲いていきましょう。

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

それでは、また。

 

 

 

【あなたもライトワーカーとして活躍しませんか?】
2019年、ライトワーカー(自らの使命を思い出し、世の中の役に立っていく存在)をサポートしていくことを決めました。

私も、自分の才能・魅力を発揮して世の中や人のために役に立っていきたい。
世界に良い影響を与えていきたい。と望む方は

「ライトワーカー 個別相談希望」
とご返信・ご連絡ください。

60〜90分ほどで現状の課題や疑問点などにお答えしていきます。
*オンラインビデオ通話(zoom)の予定です。

通常個別相談やセッションはお代金をいただいていますが、こちらについては無料にて承ります。

コミュニティ・サポートの詳細はこちら(まとめ記事)

今日は、僕 市田直也とパートナー 二ノ宮悠季が企画・運営をしているライトワーカーのための、個別サポート×コミュニティ 「ライトワーカーズ L...

 

 

無料診断はこちら↓

関連記事

嫌われる勇気

必死に頑張るのをやめるとうまくいく法則

個人起業家が身につける必要がある、習慣化の技術

何でも好きなことをやってみたら良いんです

【継続セッション感想】50代女性 T様 コーチ・コンサルタント

やっぱり、Facebook集客は終わっている