TED アンソニー・ロビンズ「何が人を動かすのか」を見て感じたこと

今日は、私が自己啓発に興味をもったきっかけと一つの素晴らしい動画のシェアをします。

私が、人生について考えたり、自己啓発に関心を持った始めのきっかけは自分の人生がうまくいかないことでした。

遡れば幼少期や小学生の頃、他人と違う自分に戸惑い、嫌な思いや理不尽なことがありました。

どうして、自分は人と違うのか、何が人生に違いをもたらすのか。
それを幼少期からずっと考えていました。

どうしたら、自分の人生をより良いものにできるのか。

そのことをずっと考えていました。

苦手なことにあえてチャレンジしてみたり、強くなるために体力をつけてみたり。
でも、そこに答えはありませんでした。

うまくいっている時は、いつだって自分らしくて、本当の自分と心が一致している、そんな感覚でした。

次第に、自分の状態がどれだけ結果に違いをもたらすのか、モチベーションに関心を持つようになります。

そうした背景があったからこそ、経営学や人的資源管理論にも惹かれたのだと思います。

充実した大学生活を経て、社会人生活。人から評価されたり、良い成績を出すことはできても、心が満たされない。

自分の痛みが最大化した時、私は自分の人生に向き合うことになります。

そんな折、出会ったのがコーチングでした。

人間の感情、本質を学べるそんな機会がそこにはありました。

その結果、今までの自分では考えられなかった大きな成果を出すことができるようになりました。

自分を深く知ること、成長することが貢献につながると感じています。

アンソニー・ロビンズの素晴らしいビデオを見つけたのでシェアします。
人間の心理について学んだ今、とても響いてくるものがあります。

関連記事

心からの喜びを感じながら毎日を過ごす方法

【お客様の声】佐原和真 様 UNITED STYLE代表 ランニングヘルスサポー...

名前のないもの、形のないものを届ける方法

コーチング・コンサルティングを受けるタイミングについて

心のブレーキはずしと大量行動の関係

コーチ・コンサルタント・起業家がWordpressではじめに取り組むこと