老子「第八章」上善如水 朗読・解説

今日は老子の第8章の朗読・解説動画をお届けします。

以下、リンクからご覧ください。

 

老子「第八章」朗読・解説

 

 

老子「第八章」引用・解説

 

最上の善なるあり方は水のようなものだ。

水は、あらゆる物にに恵みを与えながら、 争うことがなく、誰もがみな厭だと思う低いところに落ち着く。

だから道に近いのだ。

 

身の置きどころは低いところがよく、心の持ち方は静かで深いのがよく、

人との付き合い方は思いやりを持つのがよく、言葉は信であるのがよく、政治はよく治まるのがよく、

ものごとは成りゆきに任せるのがよく、行動は時宜にかなっているのがよい。

 

そもそも争わないから、だから尤められることもない。

 

 

 

引用元:老子 蜂屋邦夫訳注

 

 

 

▼解説動画はこちら

老子「第八章」朗読・解説

https://youtu.be/M4qAFDPJ5S4

 

★老子のプレイリストはこちら
https://www.youtube.com/playlist?list=PLrGdC4SVH_kibhgMCXAwRxHju-MNhyhFY

★毎日届く「老子」と「7つの習慣」の解説動画で継続学習をしたい方はこちら(メール講座) https://www.reservestock.jp/subscribe/124466

 

 

また次回の配信をお楽しみに^^

 

さらに詳しい情報を受け取れるメールマガジンはこちら

無料診断・メールマガジンはこちら↓

毎日の発信は皆様の口コミ・ご紹介のおかげです

メルマガ・ブログはシェア歓迎、リンクフリーです^^

 

■無料簡易診断

セッションやサポートに興味はあるけれど、
どんな雰囲気か知りたい。という方は
まずは、無料の簡易診断をお試しください。

 

独立・起業など、自分らしい生き方・表現を通して活躍、貢献していきたい方

【無料診断】本質起業コーチング 自分生きビジネスで独立・起業したいあなたへ

https://www.reservestock.jp/page/fast_answer/5349

関連記事

使命・天命を生きるといいことがある

【パーソナルセッション 感想】大阪府 40代 旅する数秘カウンセラー いわはら ...

無知はお金がかかり、熟知はお金を稼げる

個人起業家の収入の良し悪しはどのように決まる?

抽象度と具体性のバランスを取るとうまくいく

vol.8【ソウルカラーコーチング】セッションご感想 N・Mさま 東京都