一体、何をしに生まれてきた?

今日のテーマは、「一体、何をしに生まれてきた?」

人生の目的、魂の目的について深めたい人に贈ります。

 

一体、何をしに生まれてきた?

 

一体何をしにこの地球に生まれてきたのか。

誰しもこのテーマについて考えたことがあるのではないでしょうか。

 

僕は、比較的小さい頃(小学生頃から)

自分の存在意義や生きる意味について考えてきました。

 

それは、どうしようもない生きづらさや、

人間関係についてうまくいかない体験が続き、

「どうしてこんなにうまくいかないんだろう・・」

 

と感じ続けたことに起因しています。

 

その思いは、20代になってからも消えず、

「一体何のために生きているのだろう・・」

 

漠然とそんな思いを持っていました。

 

大学を卒業、就職し、結婚し、幸せを感じている。

 

しかし、何かが足りない。

そんな思いを抱えていたのが2017年のことでした。

 

そんな折、コーチングとの出会いが人生を180度変えました。

起業はもちろん、スピリチュアルへのつながり、

神社・仏教、エネルギー、

 

あらゆる角度から、

 

人生の目的(Life Purpose)

魂の目的(Spirit Purpose)

 

について感じ、思考し、深めるワークをしてきました。

 

そんな中、わかったことは、

 

何かを成し遂げることが人生の目的ではない。

ということ。

 

 

○○ができたら、大金を稼げたら、名声を得られたら、

 

そういった所有をすることは人生の目的ではない。

ということ。

 

それらは、あくまで結果論であり、目的とすることではない。

とはっきりと感じます。

 

これは結果から逃げることとは明確に異なります。

自分がコミットしたことに対する現実は受け取り、進んで行く必要があります。

 

しかし、本当に大事なことは、

 

内側で何を感じるか

 

 

究極に絶好調のときも、

そうでないときも、

 

何を感じて生きていくのか。

それが、僕なりの答えです。

 

何があろうとも、

愛・喜び・感動・感謝と共にあること。

 

それが僕の人生の目的であり、

魂が決めてきたこと。

 

今のところそう思っています。

 

きっと、10年後も大きくは変わらないでしょう。

 

 

これが合っているとか、正解や不正解もないですが、

自分にとっての人生の目的、魂が決めてきたことについて

理解を深めることは、静かな安心感を与えてくれます。

 

こうした内容を深めていきたい方は、

ライトワーカーズ LightWorersがおすすめです。

https://www.reservestock.jp/page/conclusion_menu/21183

 

 

よければチェックしてみてください。

 

 

あなたが安心感と共にありますように。

 

 

さらに詳しい情報を受け取れるメールマガジンはこちら

無料診断・体験セッションはこちら↓

毎日の発信は皆様の口コミ・ご紹介のおかげです

メルマガ・ブログはシェア歓迎、リンクフリーです^^

 

ソウルカラーコーチング 体験セッションこちら (100名限定)

 

■無料簡易診断

セッションやサポートに興味はあるけれど、
どんな雰囲気か知りたい。という方は
まずは、無料の簡易診断をお試しください。

スピリチュアル・自分生きビジネス・ソウルカラーコーチングの3種類を用意しています。

1.人生の流れ、エネルギーに関心のある方

【無料診断】Dragon Soul Coaching 驚くほど人生の流れが良くなる5つの魔法

https://www.reservestock.jp/page/fast_answer/5298

2.独立・起業など、自分らしい生き方・表現を通して活躍、貢献していきたい方

【無料診断】本質起業コーチング 自分生きビジネスで独立・起業したいあなたへ

https://www.reservestock.jp/page/fast_answer/5349

 

3.人生の目的、オーラやソウルカラーに興味がある方

【無料診断】魂のカラーを読み解き、本来の自分へ Soul Color Coaching

https://resast.jp/page/fast_answer/5885

 

 

 

 

関連記事

あなたは何歳まで生きる予定か

vol.12【ソウルカラーコーチング】セッションご感想 M・Mさま 東京都

vol.6【ソウルカラーコーチング】セッションご感想 N・Uさま 福岡県

決めることの大切さ

老子「第十一章」朗読・解説

応援される人間が成功する