残り時間

人生に残された時間はどれくらい?

30歳を超えてからというもの、折に触れて

人生に残された時間はどれくらいなのだろう、ということを考えます。

歳を重ねるごとに1年の速度は速くなり、あっという間に一年が終わる。

 

20代のうちに自分のビジネスを始め、挑戦を始めたことは

今時点においても良かったと思います。

スタートがあと数年遅かったから、人生の貴重な時間を失っていたと後悔することになったでしょう。

 

30代前半の今ですが、あっという間に40代を迎える感覚もあります。

各業界のプロフェッショナルの人々を見ていると、

30代のうちにどれだけ積み重ねられるか、実績を積み重ねられるかが

後の大成に直結しているように思います。

 

僕のメルマガ読者の方々は、僕よりも若い方もいれば、

人生の先輩にあたる方も多くいらっしゃると思います。

いずれにしても、挑戦は早い方がよいですし、

失敗にしろ、成功にしろ、とにかく早く経験することが大切だと思います。

 

成功の裏には大量の失敗があって、

1の成功の裏には100の失敗があると考えて間違いないです。

 

そうすると、100の成功を収めるには、100倍の1万回の失敗が必要になります。

1万回の失敗をするには、それだけ時間が必要です。

 

自分が得たいもの、創造したいものによって必要な時間は異なりますが、

何を得るにせよ、突き抜けたものを得るのであれば、それ相応の覚悟とエネルギーが必要です。

 

 

人生は短い。

あらためて、普遍の事実を受け止めて挑戦していければと思います。

 

 

さらに詳しい情報を受け取れるメールマガジンはこちら

無料診断・メールマガジンはこちら↓

毎日の発信は皆様の口コミ・ご紹介のおかげです

メルマガ・ブログはシェア歓迎、リンクフリーです^^

 

■無料簡易診断

セッションやサポートに興味はあるけれど、
どんな雰囲気か知りたい。という方は
まずは、無料の簡易診断をお試しください。

 

独立・起業など、自分らしい生き方・表現を通して活躍、貢献していきたい方

【無料診断】本質起業コーチング 自分生きビジネスで独立・起業したいあなたへ

https://www.reservestock.jp/page/fast_answer/5349

関連記事

老子「第十三章」朗読・解説

『7つの習慣』 解説動画 第一部「7つの習慣とは」

老子「第十二章」朗読・解説

方向性が定まれば、成果は自然に出るようになる

マーケティング(市場)の探求

社長の仕事は改善、改善、改善