自分が何者か、は大した問題ではない

自分が何者か、は大した問題ではない

 

一体自分は何者なのか

これから何をしていくのか

こうした考えを持っている方は多いのではないでしょうか。

 

僕自身、20代前半〜およそ10年に渡り、

ずっと考え続け、また行動してきたように思います。

 

しかし、結果10年経ってみて思うことは、

自分が何者であるかは、大した問題ではないということです。

 

ある時はリフォーム屋

ある時はアフィリエイター

あるときは、会計ソフトのアドバイザー

あるときは、起業家

あるときは、夫

あるときは、配達員

 

肩書や役割というものは、その時の状況に合わせて変わっていくものであって

その人の本質的な価値とは関係がありません。

 

リフォーム屋でなくなったからといって、

価値が下がるわけでも

起業家になったから偉くなるわけでもない。

 

ただ、経験が増えていくだけ。

 

その経験や蓄積された哲学が誰かの役に立つ。

振り返ってみると、あのときの経験があったから今がある。

 

そう思えるのだと思います。

 

今取り組んでいることがなんであれ、きっと10年後振り返ったとき

良かったと思うのだと思います。

 

何かご参考になれば幸いです。

 

さらに詳しい情報を受け取れるメールマガジンはこちら

無料診断・メールマガジンはこちら↓

毎日の発信は皆様の口コミ・ご紹介のおかげです

メルマガ・ブログはシェア歓迎、リンクフリーです^^

 

■無料簡易診断

セッションやサポートに興味はあるけれど、
どんな雰囲気か知りたい。という方は
まずは、無料の簡易診断をお試しください。

 

独立・起業など、自分らしい生き方・表現を通して活躍、貢献していきたい方

【無料診断】本質起業コーチング 自分生きビジネスで独立・起業したいあなたへ

https://www.reservestock.jp/page/fast_answer/5349

関連記事

成功の極意はここで学べます

実績がないのに、広告費をかけても人が集まらない理由

老子「第十四章」朗読・解説

【推薦図書】「成功する人が磨き上げている超直感力」八木龍平

人がめんどくさいと思うことを進んでやるから、儲かる

vol.7【ソウルカラーコーチング】セッションご感想 R・Aさま 神奈川県