【推薦図書】『腸がすべて』フランク・ラポルト・アダムスキー

今日は趣向を変えて、最近出会った本の中で

大きな衝撃を受け、また食と健康に関する考えが一変した本を紹介します。

33年間悩んできたことは、この本に書いてあった

今(2021年4月)、私は33歳ですが

これまでの人生で長年悩んできたことがあります。

それは、食と健康に関すること。

 

幼少期から鼻炎や、中耳炎

成長期(14歳以降)はニキビや肌荒れ、

社会人になってからは気管支喘息(風邪が悪化すると症状が出る)

うつ状態、下腹部だけぽっこり

 

子供〜大人になるまで

何らかの身体的な不調を抱えてきました。

特に鼻炎はひどく、年中ティッシュは手放せない状態でした。

 

育った家庭の中ではさまざまな健康法が

試行錯誤されていました。

 

・鈴木その子式 ダイエット

・好きなものを好きなだけ食べて良い

・しょうが紅茶

・にんじんりんごジュース

 

どれも、一時的な変化はある気がする(あくまで気がする)が、

上記の不調が改善されることはありませんでした。

 

その後、成人してからも

何をどれだけ食べるのか、

自身の身体の変化を見ながら、試行錯誤してきましたが、

決定的な答えは見つかっていませんでした。

 

しかし、2020〜2021にかけて転機が訪れます。

本業の傍ら始めた、フードデリバリーの配達員の仕事をしていて、

自身の感情の変化と、排泄に大きな相関があることに気が付きます。

(変な話だと思われたらすみません)

 

排泄、つまり腸の状態により、

その日の感情の状態が大きく変わることに気が付きました。

 

具体的には、排泄がスムーズだと(大小両方とも つまり、肝臓と腸が機能している)

感情は良い。

排泄が滞っていると、イライラする、なんとなく不調、気分が悪い。

 

感情は、作ることができる、

コントロールすることができるということは学んでいましたが、

そもそも、腸の状態(身体状態)によって、感情を変えることもできるのだと

ある時気づきました。

そんな折、一冊の本に出会います。

それが、『腸がすべて』フランク・ラポルト・アダムスキー

https://amzn.to/3fSEiNb

です。

 

この本で長年悩んできた不調の原因がはっきりとわかりました。

この食生活に変えて、まだ数日しか経っていないので、

はっきりと正しいと言い切れるわけではないですが、

ほぼ間違いないと確信しています。

(その後の経過を書いた記事はこちら)

 

消化速度の違うものを同時に摂取すると、腐敗する
『腸がすべて』の中で一貫して主張されていることは

食べ物には、消化の早い物(ファスト)、消化の遅いもの(スロー)

どちらでもないもの(ニュートラル)があり、

ファストとスローを同時に摂取してはならない。ということです。

 

消化速度の早い食べ物(ファスト)と、消化速度の遅い食べ物(スロー)を同時に摂取すると

まるで、トンネル内で渋滞を起こしたように

腸の中が詰まり、食物が腐敗する。

 

そして、その腐敗した食物から発生したガスが、

さまざまな身体の不調をもたらす。

・鼻炎や、中耳炎

・ニキビや肌荒れ、

・気管支喘息

これらは、その代表的な疾患です。

 

その他にも、

・腰痛
・偏頭痛
・下痢、便秘
・内蔵疾患

さまざまな病気や疾患は、腸の不調によって起こると
書かれています。

 

ということは、腸の状態を、健全な状態にすれば、
(食物から栄養素を摂取し、不要な毒素を排出できる)

各種疾患や不調は改善されるということです。

←実際、多くの不調が改善されました。(不眠・便秘・肌荒れ・ストレス)

 

具体的な食物の分類や、どのタイミングで食事をするのか、等は
本の中で書かれているので割愛しますが、(ときどき、ブログ記事やメルマガで紹介します)

興味のある方は、読んでみてください。

 

*PS.
僕の場合は、食べるものはほとんど変わりませんでした。
(もともと知っていた知識、習慣によるもの)

決定的に変わったのは、食材に対する分類がファスト・スロー・ニュートラルの3種になり、
飲食のタイミング、食べ合わせが変わったことです。

例年この季節は花粉症がひどいですが、
食事を変えて数日で、ぴたりと止まっています。

(その後、1ヶ月経っても調子が良いです)

 

*アダムスキー式腸活法によって、腸の状態が本来の状態に戻るには
3〜4ヶ月はかかるそうです。もし、取り組まれる方は自己責任において
じっくりと取り組んでください。

 

原著が洋書のため、日本の食習慣に置き換えるのに工夫が必要ですが、
各自工夫してみてください。

 

 

参考までに、1日の流れで何をどんなタイミングで食べているのか、書いておきます。

 

【朝食】

ファスト(消化速度の早い食事)
ヨーグルト
はちみつ
旬のフルーツ(りんご・いちご・キウイ等)
淹れたてのコーヒー

足りない感じがするときは、トマトを食べます。

【昼食】ファストの食事の最低90分後

スロー(消化速度の遅い食事)

白米
納豆
肉野菜炒め or 焼き魚
余裕があれば、味噌汁

 

【夕食】スローの食事の最低4時間後

スロー(消化速度の遅い食事)

白米
おかず色々(その時によって違う)
例:カレー、鍋、炒めもの、スープ、サラダ、餃子、刺し身

【間食】

基本的にあまりしないように心がけますが、
どうしても空腹のときは、チョコレート(カカオ80%以上)
自分で入れたコーヒーと豆乳をあわせて豆乳ラテを飲みます。

また、お酒は夕飯時に、週2〜3回くらい
赤ワイン、たまにビールを飲みます。

 

また、この健康法・メソッドは食べ合わせ、タイミングが非常に重要なので、
自分に合った方法で記録をつけることをおすすめします。

私の場合、自分だけのLINEトークルームを作って、都度記録するようにしています。

無料診断・体験セッションはこちら↓

毎日の発信は皆様の口コミ・ご紹介のおかげです

メルマガ・ブログはシェア歓迎、リンクフリーです^^

 

■無料簡易診断

セッションやサポートに興味はあるけれど、
どんな雰囲気か知りたい。という方は
まずは、無料の簡易診断をお試しください。

スピリチュアル・自分生きビジネス・ソウルカラーコーチングの3種類を用意しています。

1.人生の流れ、エネルギーに関心のある方

【無料診断】Dragon Soul Coaching 驚くほど人生の流れが良くなる5つの魔法

https://www.reservestock.jp/page/fast_answer/5298

2.独立・起業など、自分らしい生き方・表現を通して活躍、貢献していきたい方

【無料診断】本質起業コーチング 自分生きビジネスで独立・起業したいあなたへ

https://www.reservestock.jp/page/fast_answer/5349

 

3.人生の目的、オーラやソウルカラーに興味がある方

【無料診断】魂のカラーを読み解き、本来の自分へ Soul Color Coaching

https://resast.jp/page/fast_answer/5885

関連記事

何はなくとも、とりあえず100本だよね。

残り時間

ダラダラと稼ぐ時代

社会の変革期に何を創造する?

老子「第十四章」朗読・解説

老子「第九章」朗読・解説