歩きスマホをやめるとフォーカスを50%以上有効活用できる。

こんにちは、市田直也です。

今日はフォーカスの使い方、望む人生を手に入れるためのちょっとしたコツをお伝えしたいと思います。

今回のテーマは歩きスマホとフォーカスの力についてです。
単純に歩きスマホは危ない、という話ではなく、どれだけフォーカスの力を有効活用するか、という観点で記事を書いています。

歩きスマホをしている間、あなたは50%以上、無意識にスマートフォンを見ることにフォーカスをしている

今日、帰宅時に駅でふと気がついたんですね。あまりにも歩きスマホをしていること人が多いことに。私も電車の移動中や、必要な情報を得るためにスマートフォンを見ることはありますが、歩きスマホは極力しないようにしています。

なぜなら、単純に危ないという理由の他に、スマートフォンに意識を持っていかれるのを意識的に避けている。という理由があります。

人間の脳にはRASという神経の集まりがあり、情報をふるい分ける機能があります。
この機能があるおかげで、自分に必要な情報だけを受け取ることができます。

例えば、世界一周旅行に行きたいと常に日頃から行きたいと意識を向けていれば、自然と世界一周に関する情報が入ってきたり、ビジネスで成功することを具体的に思い描いていれば、関連した情報が入ってきます。

自分が得たいものにフォーカスすることで、望む未来が手に入る現象もこのRAS機能が大きく関わっています。

こう考えると、歩きスマホをしている人は、身の危険を冒していると同時に、なんとなく、無意識にニュースやゲーム、SNSなどにフォーカスをしていることになります。

単純に歩くことに50%、スマートフォンに50%意識を持っていかれる状態です。
客観的に歩きスマホをしている人を見ていると、70~80%は意識を持っていかれているように見えます。

私は、最近意識的にスマートフォンを触る時間を区切るようにしています。

むしろ、触らなくていいなら放っておきたいくらいです笑
基本的には、自分が積極的に情報を取りに行く時に、活用するというスタンスでいます。

しかし、現状はビジネスで活用するシーンも多くあります。
今は、LINEを返す時間・Facebookに投稿する時間・ブログを書く時間など時間を区切って行動するようにしています。

可能な限り、自分が持っているリソース、得たい結果にフォーカスをするようにしています。

あなたは、どれくらいスマートフォンを無意識に触っていますか?

その1分の使い方で、人生が大きく変わるかもしれません。

効果的なフォーカスの使い方を知りたい方、短期間で人生を劇的に改善したい方、ご連絡お待ちしております^^

ご連絡はこちらまで

関連記事

じぶんの人生に投資できる人は輝いている

自己投資が人生を好転させる最高の手段だと思う理由

「やる」と決断すると人生を変えることができる

【体験セッション感想】20代 男性 K・I様

決断とは、「未来を今決めること」

時間の大切さについて-TIME IS PRECIOUS-