やめてしまう人が多すぎる

今日は自分生きビジネス、個人ビジネスについてシェアします。

やめてしまう人が多すぎる

2017年にコーチングに出会って、それから丸5年が経ちました。

最初は右も左も分からず、当時まだ29歳でかなり若いスタートでした。

自分よりも若い人は20代半ばの同期がいましたが、かなり早いスタートでした。

しかし、5年経った今となっては、皆それぞれ何をしているのか、という状況です。

 

皆それぞれの人生があり、選択は自由ですが、驚くほど継続する人というのは少ないものです。

よく企業の5年生存率や10年で数%しか残らないという話もありますが、

事実だと思います。

経済的な理由もあるのかもしれませんが、何より、一番大きいのは動機の部分だなと思います。

 

一時的な衝動や、他者からの働かきかけで始めたことは長続きせず、

きっかけは何にせよ、熟慮した上でこの道で進んでいくと自ら決意した者は

雨が降ろうと風が吹こうと、何だろうとやり続けていくのだと思います。

 

5年続けて、失敗の方が成功の何十倍以上は多いような気がしますが、

相当センスが良くない限り、多分誰がやってもこのくらいは失敗します。

それが普通なので、そういうことが待ち受けているけど、それでも受け入れて進んでいける理由や動機がないと、廃業してしまうのでしょう。

そんなに大変なら、会社員でいいや、という人は起業は向いていないので

早々にやめたほうがいいですし、

実際精神的には楽かもしれません。

 

それでも、ずっと組織の中で生きていく方がつらい、しんどいことがあったとしても

挑戦したい、という思いのある人は、やってみたらいいと思います。

幸いこの日本という国は、かなり安全で、失敗しても大したことにはなりません。

衣食住足りて、志さえあれば、何度でもやり直せます。

 

気づいたら、5年経っていたという感じなので、あまり先延ばしにすると

残り時間がなくなってしまいます。やれるうちにやりたいことはやっておいたほうが良い、

というのが今の気持ちです。

コロナ騒ぎであっという間に2年過ぎた人が大半だと思います。

この2年で自分が本当にやりたいことに気づいた人は、そろそろ動き出す時期かもしれません。

無料診断・メールマガジンはこちら↓

毎日の発信は皆様の口コミ・ご紹介のおかげです

メルマガ・ブログはシェア歓迎、リンクフリーです^^

 

■無料簡易診断

セッションやサポートに興味はあるけれど、
どんな雰囲気か知りたい。という方は
まずは、無料の簡易診断をお試しください。

 

独立・起業など、自分らしい生き方・表現を通して活躍、貢献していきたい方

【無料診断】本質起業コーチング 自分生きビジネスで独立・起業したいあなたへ

https://www.reservestock.jp/page/fast_answer/5349

関連記事

老子「第三章」朗読・解説

ブログ、メルマガ、noteなど文章が書けるようになる方法

2020年、ますます選択が重要になる理由

スピリチュアルに対するよくある誤解と付き合い方

成功する起業家が週3回以上メルマガを配信する本当の理由

誰だって、特別だ。