経費(お金)の使い方を見れば、大体のことはわかる

今日はお金の話を共有させていただきます。

個人起業のかなり大きな部分を占める根幹の部分です。

経費(お金)の使い方を見れば、大体のことはわかる

起業をしていてもしていなくても、個人の信念や考え方というのは、お金の使い方に現れます。

自分を商品として売っていく個人起業家として活動していくのであれば、

お金の使い方を覚えなければなりません。

 

今が30歳でも50歳でも、何歳であっても良くも悪くも、これまでの生きてきた年数分の価値観が

お金の使い方には現れます。

原則から言えば、経費は最小に抑えるべきで、不要な浪費は避けなければなりません。

しかし、売上の元となる経費というのは必ずあって、たとえば

・メルマガ配信スタンド利用料

・レンタルサーバー代

・スマートフォン

・PC

・コンサルティング(特に初期)

これらのものには一定の費用を割いても良いと思います。

 

特に注意すべきなのは、セミナー・コンサルティングなどの費用で、

多すぎても少なすぎても良くないです。

自分自身の経験でいえば、初期に多額の費用をかけすぎたというのが実感で、

右も左も分からない状態で費用をかけすぎるのは良くないですね。

書いていて、当たり前だろう、と思うのですが、当の本人はその時はわからないもので、

これから起業を考えられている方に役立てばと思いこのように書いているのです。

ではどうすればよいか、というと

上記で上げたメルマガ配信スタンドや、スマートフォン、PCなどは必須として、

コンサルティングなどの変動費をどのように扱うのか。

これは、これだ。と自身の確信の持てる相手や内容の場合に、

自分自身の無理のない範囲で契約するのが良いです。

決して、無理はしてはいけません。

 

なぜかといえば、コンサルティングやコーチングを受けたとしても、

それが即売上につながるとは限らない(状況による)からです。

全くの初心者や、積み上げがない状態であればあるほど、毎月の安定した売上を作るのは容易ではありません。

一時の売上を作ることはできるかもしれませんが、毎月安定してメルマガ読者が増えたり、

月次契約が増えたりするのは、1ヶ月や2ヶ月ではできないことが普通です。

年単位でじっくり考えるべきことです。

 

通常、コンサルティングやコーチングは3〜6ヶ月程度のことが多いので、

それを加味すると、コンサルティングが終わる頃に人によっては成果を出し始める、

真に継続的な成果が出てくるのは1年ぐらい経ってからだったりもします。

このあたりは、人によって状況や素地が違うので一概に言えるものではありませんが、

概ね上記のような傾向です。

もちろん、今までの積み重ねがあって、方向性や考えが合っていなかった場合など

少しの修正で即結果につながるようなこともありますが、それはコンサルティングの結果というよりは、本人の努力の結果が大半であると思います。

というわけで、コーチングやコンサルティングなどの契約をする際には、

自身のこれまでの経験や積み重ねを加味して、どれぐらいの経費をかけるのが最適かを見極めなければなりません。

 

これも経験でしかないですが、自分が自由に扱えるお金の2〜3割ぐらいまでが許容量なのではと思います。

たとえば、自分が自由に扱えるお金が100万円だとしたとしたら、

20〜30万円までという感じです。

100万円のうち70〜100万円も使ったらだめですよ、という話です。

当たり前だ、ばかやろう。という感じですが、

自分自身は初期はそんな感じでしたので、自戒の念をこめて。

無料診断・メールマガジンはこちら↓

毎日の発信は皆様の口コミ・ご紹介のおかげです

メルマガ・ブログはシェア歓迎、リンクフリーです^^

 

■無料簡易診断

セッションやサポートに興味はあるけれど、
どんな雰囲気か知りたい。という方は
まずは、無料の簡易診断をお試しください。

 

独立・起業など、自分らしい生き方・表現を通して活躍、貢献していきたい方

【無料診断】本質起業コーチング 自分生きビジネスで独立・起業したいあなたへ

https://www.reservestock.jp/page/fast_answer/5349

関連記事

NO IMAGE

「やる」と決断すると人生を変えることができる

メルマガは書くことで上達する

vol.10【ソウルカラーコーチング】セッションご感想 Y・Kさま 福岡県

最善に導かれている

後悔のない人生

お金を扱える器を作る「経営者としてのMoneyリテラシー」