フルコミッションのセールスパーソンが成果を出す方法

こんにちは、市田直也です。

今回はフルコミッションのセールスパーソンが成果を出す方法についてお伝えしたいと思います。

私のクライアントさんで、生保プランナーの方がいらっしゃるのですが、その方はおよそ6ヶ月で一ヶ月あたりのコミッションを100万円を超えるというラインを達成されています。

サポート開始当初は、本当に自信もなく、笑顔も見られないような状態でしたが、およそ7ヶ月経った今、非常に前向きでご自分の役割や使命についても大きな気づきを得ていらっしゃいます。

その方のケースを少しご紹介したいと思います。

一体何のために仕事をしているのか

私のコーチングやコンサルティングでは、具体的な戦略や方法(やり方)をお伝えすることもありますが、一番基礎になる部分は、一体何のために仕事をしているのか、伝えたいことは何なのかという思い(感情)です。

この部分が弱いと、フルコミッションで働いたり、独立して生計を立てることは難しくなってきます。

なぜなら、人は単純にお金が欲しいから、という理由だけでは長期的には動けないからです。

そもそもの動機は、フルコミッションなら年収があがるかもしれない、海外旅行ができるかもしれない、良い暮らしができるかもしれない。

こうした理由だったかもしれません。

でも、本当に大事なのは、お金を稼いで一体何を実現するのか、自分が何を伝えたいのかというメッセージだと考えています。

ですから、私は、まず最初に聞きます。「なぜお金を稼ぎたいのですか?」「本当にワクワクすること、実現したら嬉しい未来は何ですか?」

この部分を明確にすることができれば、仕事をする理由、絶対的な行動の理由ができるので非常にスムーズです。

あとは、適切な戦略と、行動計画を立て、一歩ずつ着実に進んでいくだけ。

もちろん、途中でつまづいたり、落ち込んだりすることもあります。

でも、そんな時は寄り添い、共に進んでいけば良い。

それが私の役目だと思っています。

命の使い道は何だろう?

フルコミッションという言葉を聞いて何をイメージできますか?

お金を稼げる、可能性、夢、理想、etc..

人によって様々だと思いますが、私は、フルコミットという言葉を連想します。

文字通り「自分の全てをかける」

だからこそ、やりがいも大きいですし、結果として対価も大きいのだと思います。

しかし、そこには自分が差し出しているものがあります。

それはなんでしょう?

私は自分の命を使っていると捉えています。

フルコミッションで働くということ。

それは、自分の持てる全てのリソース、命を使い、社会に貢献すること。

そうした生き方なのだと思います。

私は、そのような自分の人生に真っ直ぐ向き合う方を心から応援しています。

ぜひ、あなたも自分の命の使い道、考えてみてくださいね。

 

自分のことをもっと知りたい、じっくり時間を取って考えてみたいという方は、こちらを一度ぜひチェックしてみてください。

関連記事

やりたいか、やりたくないか。どちらか選べばいい。

セールスに本当に必要なのは卓越したヒアリング力

【心の時代】独立から1年が経ちました

真の信頼とライフタイムバリュー(LTV)を上げる方法

情報発信は、既存クライアント・新規クライアントに向けて発信すればあなたにもできる

リアルのコミュニケーションがうまくいけば、人間関係・ビジネスが発展する