セールスとは相手を理解し、必要なものを提供し、行動の後押しをすること

こんにちは、市田直也です。

今日は、セールスについての考え方をシェアをしたいと思います。

日々、たくさんの商談やセッションをしていると、多くの気づきがあります。

その中で感じることですが、セールスとは、相手を理解すること・必要なものを提供すること・行動を起させること。この3点が重要なのだと思います。

まず、相手がどんな価値観を大事にしているのか、これからどんな未来を望むのか、今どんなことに悩んでいるのか。それを正確に理解する必要があります。

また、人によって意思決定に必要なものは様々です。

客観的なデータが欲しい人もいれば、実際にどんな雰囲気なのか、感覚を重視される方もいます。また、特典などプラスアルファの要素に価値を感じる人もいますし、人によって違います。

ここをしっかりと理解し、適切な対応ができるかで成約率が大きく変わってきます。

また、必要な材料を提供するだけで十分な人もいますが、行動を起こすためにこちらからサポートをする必要な人もいます。

「ぜひ、一緒にやっていきましょう!」その一言で動く人もいます。

最後はやるという行動を起こすことができるか、そこに価値提供ができるかがかかっています。

相手を理解すること・必要なものを提供すること・行動の後押しをすること。

この3つをぜひ意識してみてくださいね。

それでは、また次回!

PS.
ビジネステーマ・プライベート共に個別のセッションを行っています。
興味のある方は体験セッションを受けてみてください。

関連記事

実績がないのに、広告費をかけても人が集まらない理由

自分を商品にしている人は、必ずメルマガをやったほうが良いと思う理由

いつ始めるか、が人生を左右する

嫌われる勇気

個別コンサルか、起業塾か。判断基準は自分のステージ次第

この時代に成功する可能性