セールスに本当に必要なのは卓越したヒアリング力

こんにちは、市田直也です^^

今日は、セールスについての私なりの考えをお話したいと思います。

成果を上げるセールス力とは一体どんなものでしょうか?

今まで、10年以上商品・サービスの販売に関わってきてずっと取り組んできました。

ある時はフレッシュさを出してみたり、自分の状態を極限まで高めてみたり、提案資料を作り込んでみたり。

でも、どれもしっくりはきませんでした。

どれも「時と場合によって」は、効果を発揮しますが、普遍的ではない。

相手や状況にとても左右されるということが私の中に違和感として残り続けていました。

色々な人から様々な学びを受ける中で、私なりの一つの結論が出たので、お伝えしたいと思います。

本当に必要なのは、卓越したヒアリング力と寄り添う力

ここ最近、自分の商品を含め高単価商品を扱う機会がとても増えました。

その中で、色々と検証をしてみたのですが、一番効果があったのは、しっかりと必要性(ニーズ)を感じてもらえるよう、適切なヒアリングをすること、自分で決断ができるよう寄り添うことが大切だと感じました。

むしろ、それ以外に必要なことは何もないというくらい確かな確信が得られるようになってきました。

ラポールを築く技術や、セールスのステップなど、技術的なことも大事ですが、本質的に重要なことは何なのか?と聞かれれば、

卓越したヒアリング力と、目の前の人に寄り添う力。

この2つだと私は考えています。

この2つの能力のうち、特に卓越したヒアリング力については、トレーニングをすることで伸ばすことができます。

何をどのタイミングで聞くか、どんな目的のために聞いていくのか。

一つ一つの質問を丁寧に使い分けていくことで、

あなたの得たい結果を手にすることができるでしょう。

もし、お茶会やセミナー・メルマガである程度集客できているけど、なかなか成約しない、ということがあれば、適切な方法を学ぶと一気に飛躍できるかもしれません。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

それでは、また次回^^

 

関連記事

自分の中から理想の現実を作り出す方法

抽象度と具体性のバランスを取るとうまくいく

メルマガは愛を伝えるお便りだ

ドリームキラーを吹っ飛ばせ!

成功するのかどうかは、自分が決めればいい

自己投資が人生を好転させる最高の手段だと思う理由