その行動は愛にもとづいているか?

今日は、少し抽象的ですが、本質的な話しをしたいと思います。

それは、「その行動は愛に基いているか」というテーマです。

元々、この考え方を私に教えてくれたのは、母でした。

母は一般的には「え!?」っと驚いてしまうことでも、次々に実現してしまう、そんな不思議な力を持っています。

世の中の常識に一切とらわれることのない人で、自由な発想と直感を大切にする人です。時として、その自由な発想や行動に驚かされることがありましたが、今はその意味がわかります。

今の私から、伝えられるメッセージをシェアしたいと思います。

あなたのその行動は、愛にもとづいているか?それとも恐れか。

何か行動を起こす時、大切なのは自分の中の感情・思考です。

自分の中に、「十分にある」という充足感・安心感を感じるのか、

まだ「ない」と不足を感じるのかで行動の結果は大きく変わってきます。

 

「十分にある」と感じて行動すれば、その通りの結果がもたらされます。

「ない」と感じて行動すれば、その通りの結果がもたらされます。

 

今の現実がどうであろうと、「理想の現実を創るすべてが自分の中にある」と信じられるかどうか。

それが大きな分かれ目です。

うまくいっている時、この考えを信じることは比較的容易です。

なぜなら、それを裏付ける証拠が目の前に「見える」から。

私たちは、「見える」ことによって、物事をあると信じる傾向があるようです。

問題は、思うようにいかないように感じるとき、理想とは違う現実が目に前に現れた時です。

 

そんな時でも、同じように全てが自分の中にあると信じられるか。

ここで、大切なことは、自分の存在を信じるために条件をつけないことです。

私も、この考え方を受け入れることができるようになるまで、時間がかかりました。

 

ポイントは、冷静になることです。

まずは深呼吸をして、よくよく、落ち着いて見て欲しいのです。

あなたにはこのようなリソースがありませんか?

 

健康な体

今まで生きてきた経験

家族

愛する人

仲間

今までの人生で達成してきた多くのこと

素晴らしい長所

勇気づける力

愛する力

思いやる力

信じる力

寒さから守ってくれる家

地球に生きていること

 

目に見えるものもあれば、目に見えないものもあるかもしれません。

でも、確かに「ある」。

 

もし、何かうまくいかないように感じることがあったとしても、その一点のみにフォーカスすることをやめれば、落ち着きを取り戻すことができます。

 

今、すでに「ある」ものに意識を向け、「これもある」「あれもある」「そういえば、これもあった」

というように、今すでにあるものに目を向けていくと、穏やかな心を取り戻すことができるでしょう。

 

このようにして、安心感や暖かな感情に包まれることをまず大切にしてみてください。

 

すると、自然と前向きな思考になり、「よし、これをやってみよう」「もしかしたら、こんなことをやってみたら、うまくいくかもしれない」「なんだかワクワクしてきた」

このような状態になってくるでしょう。

 

まず、自分を自分で満たすこと。

自分には十分に「ある」と実感を持つこと。

そして、その状態で、自分の心が快適さを感じる行動をしていくこと。

それが良い結果を生むことにつながります。

 

まず、自分の心の中に十分な豊かさを実現すること。

そこからスタートしてみましょう^^

 

この記事が、あなたにとって良いきっかけになれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

関連記事

大好きなことを成功するまで続けること

目標達成コーチングこそ、ちゃんとやればご契約いただけるという話

本当のゴールは想像を超えたところにある

私がセールスを手放した理由 

個別コンサルか、起業塾か。判断基準は自分のステージ次第

心からの喜びを感じながら毎日を過ごす方法