自分を肯定し続けることで、自分を信じられるようになる

今日は自信を持つこと・自己肯定についてお話したいと思います。 
あなたは今の自分に自信がありますか? 
 
自信がある、ないというのは普遍的なテーマですよね。 
 
自分に対しての確信や信じる気持ちを持っている人はかっこよく見えますよね。  
 
私もそんな自分になりたいと思って、20代の頃、がむしゃらに生きてきました。 
 
でも、頑張れば頑張るほど、がむしゃらにやればやるほど、つらくなっていく。そんな時期を経験しました。 
 
それが、去年のちょうど今頃を境に変わることになりました。 
 
自分が今までやってきたこと、頑張って生きてきたこと、多くのうまくいってきたことを受け入れることができるようになったのです。  
 
どうして、それができるようになったのか?  
最初のきっかけは他者からの承認でした。
 
「あなたは本当によく頑張っている」
「あなたのことを心から信じている」 
 
それを全力で信じてくれた人がいたから、今の私がいます。 
 
そして、それから自分を承認するという、小さな習慣を続けることを始めました。 
 
ほんの些細なことでもいいんです。
今日も生きていること、深呼吸ができた、挨拶ができた。 
そんな当たり前に思えることを一つ一つ肯定していく。 
 
そうすることで、徐々に。本当に少しずつですが、自分を受け入れることができるようになります。  
 
 
自分のことが信じられない、自分に対して自信がない、
という方の傾向として、 
 
自己否定をずっと続けてきて 自分のことが受容することができていない、というケースがあります。 
 
あまりに自分のことを否定し続けることが習慣になっていると、どれだけ人から褒めれれても、賞賛されても、
「普通のことをしているだけなんだけどな、、」と受け取れないということが起こります。 
 
この習慣を断ち切り、理想の自分の思考・習慣を見に付けていきます。 
 
その過程で、元の自分に戻りそうになったりすることもあります。 
 
そんな時、私は目の前の方を肯定し続けます。 
 
「大丈夫。必ずできます」  
「今がどんな状況でも必ずよくなっていきます」
「いつもあなたの味方でいます」 
 
過去、私を肯定してくれた人のように、目の前の方を肯定し続ける存在でありたい。  
 
そう思います。 
 
今日もあなたにとって素晴らしい一日でありますように^^

関連記事

決断力のパワーと先送りの代償について

名前のないもの、形のないものを届ける方法

方向性が定まれば、成果は自然に出るようになる

やりたいか、やりたくないか。どちらか選べばいい。

【豊かさの秘訣】自分が好きなところにいけばいい

パーソナリティー(個性)を見極めること