成功するのかどうかは、自分が決めればいい

こんにちは、市田直也です。

今日は、「自分が成功するかどうか」というテーマについて考えてみたいと思います。

最近色々なところで、「自分が成功できるのか?」ということを気にしている人が多いと感じるので、私なりの考えをお話したいと思います。

何割の人が成功しているのですか?という質問はあなたの成功には関係がない

はい、ズバリ言います。何割の人が成功しているのか?という質問はあなたの成功には関係がありません。

たとえば、起業塾や個別コンサルティングのサポートなどを受けようかどうか、考えている時、このような質問が浮かんでくることがあると思います。

確かに実績は一つの材料にはなります。信頼できるかどうか、自分ができるかどうか、安心材料にはなりますよね。

ただ、本質的には人の成功はあなたの成功とは関係がありません。

どれだけ実績の出ている起業塾でも、成果が出ない人もいますし、個別コンサルティングでも同じことです。

成果を出すためのリソースや環境があるかどうかの確認は必要です。

その起業塾やコンサルタントと一緒にやっていきたいと感じるのか、価値観を確認する。それも大事なことです。

あくまでも、自分が成功するかどうかを決めるのは「自分」です。

自分が必要とするものが、しっかりとあるのであれば、あとは自分が決めるだけです。

もちろん、同じコミュニティの仲間や、他のコンサル生が成果を出していれば励みにはなります。それを見て、自分も頑張ろう!と思えるのか、「なんで自分はできないんだ」と思うのか。

それも自分次第です。

本当に自分という軸は大切ですね。

 

自分ではない何か他のものを尺度にしているとき、

「それって自分の得たい成果に関係があるのかな?」と一度気に留めてもらえたら嬉しいです。

あなたにとって、素晴らしい選択ができることを願っています^^

ぜひ、自分の成功は自分で決めていきましょう。

関連記事

フルコミッションのセールスパーソンが成果を出す方法

コーチ・コンサルタントがメルマガを始めるならリザーブストックが一番だと思う

トップ営業マンの状態を再現すれば、次々に売れていく

【お客様の声】外資系生保プランナー O様 20代女性

NO IMAGE

「やる」と決断すると人生を変えることができる

方向性が定まれば、成果は自然に出るようになる