リアルのコミュニケーションがうまくいけば、人間関係・ビジネスが発展する

こんにちは、今日は話を聞くということについてシェアをしたいと思います。

最近よくいただくご相談で、「集客」をしたいんです。という内容があります。

なぜ、集客をしたいのか、と聞くと、
「売上」をあげたいから。
という答えがほとんどです。

そして、その解決策としてブログ・メルマガを書く
ということが「答え」だと思っていることが非常に多いです。

私も、そうなのではと思い一生懸命ブログを書いた時期もありました。
しかし、順序が逆だったな、と今では思っています。

集客の導線を整えること自体は必要なことです。人が集まる仕組みをつくることで、売上の予測も立ちやすくなりますし、長期的に考えれば、その方が「楽」のように感じられます。

しかし、前提として、リアルでのコミュニケーションがうまく取れない状態で、インターネット集客に取り組んでも望ましい結果を得ることは非常に困難だと思います。

なぜなら、相手が「見えない」から。
相手が見えない状態でコミュニケーションを取るのは、
非常に高度な技術が必要です。

コピーライティングの技術や、
セールスの知識、
マーケティングの知識も必要になります。

もし、それらの技術がなければ

空に向かってコミュニケーションを取っているようなものです。
「お〜い、私はここにいるよ〜。〇〇をやってるよ〜。すごいよ〜」

とコミュニケーションを取っても、、
難しいですよね。

Facebookの誰々さんが見てくれているから、とか
メルマガの〇〇さんが読者だから

という場合も、1対多数の関係に変わりはありません。

それよりは、目の前の悩みを抱えている方に、
一対一で「私、そのお悩み解決できますよ^^ 」
とシンプルに伝えた方が早いと思います。

そして、そのためには、やっぱり聞く力が大事。

何をどういう順番で聞いていけば、
心を開いてくださるのか、

本当の悩みを聞くことができるのか、
相手にとって自分が役に立つと感じていただけるのか。

最初に、この聞く力を身につけることが、
ビジネスの発展はもとより、人間関係全般にいい影響を及ぼすと思います。

ぜひ、リアルのコミュニケーション意識してみてください^^
私も、日々意識していきたいと思います。

関連記事

自己投資が人生を好転させる最高の手段だと思う理由

NO IMAGE

「やる」と決断すると人生を変えることができる

全ての経験がギフトだと思える理由

コーチ・コンサルタント・起業家がすぐ使える9つのセールススステップ

対人援助ビジネスをしている人に必要なのはセールス力だと思う

セールスとは相手を理解し、必要なものを提供し、行動の後押しをすること